1
2017年5月19日 金曜日

人気ママモデルの堀内美乃さんに聞くインナービューティの作り方【人気インスタグラマー】

「明日の美しさの為に、今日できること」をテーマとして、モデルや人気インスタグラマーに美の秘訣やテクニックをお伺いする本企画。第8回は、その抜群のスタイルでフリーランスモデルとして、また働く母としても活躍する、人気ママモデルの堀内美乃さんに「インナービューティの作り方」をお伺いしたいと思います!

このページは2017年5月19日に公開した記事です。クーポンが終了しているものもありますのでご了承ください。

1

エレガントで品のある顔立ちと、洗練された雰囲気、そして抜群のスタイルが魅力の堀内さん。「子供の誕生、また病院勤務をきっかけに、『心身ともに健康的な生活』が、歳を重ねても美しくいられる秘訣だと気がついた」と語る堀内さん。今回も様々な面から『堀内さんのインナービューティの作り方』についてインタビューを行いました。

 

1 スタイルキープの3つのポイント  

2

母になってから、子供の為、とできるだけ自然でバランスの良い手料理が基本になったという堀内さん。

3

コンビニに行かない、出来合いのものは買わない、塩分や白砂糖を控えるといった生活を自然と続けていたところ、過度に甘いものを欲しがったり、浮腫みにくくなったんだそうです。

また、堀内さんのスタイルキープのコツは、ズバリ「白湯」「甘酒」「お風呂タイム」

4

早起きして白湯で内臓を温めてから1日のスタートを切り、飲む点滴と言われる甘酒も積極的に摂取。バスソルトや炭酸泉に毎晩ゆっくり浸かることを意識しているんだそう。「中でも麹だけで作られた八海山の甘酒がお気に入りです。豆乳と生姜を足して温め、朝食時や小腹が減った時に飲んでいます」と堀内さん。

5

ですが、甘いものやお酒もあまり我慢せず楽しみ、運動は週に1度、テニスをして楽しく汗を流しストレス発散をしているそう! まさにバランスのとれた理想の生活ですね。

 

2 エレガントヘアはこう作る!

印象的だったロングヘアをバッサリとカットし、さらにエレガントな雰囲気を纏っている堀内さん。ヘアへのこだわりをお伺いしました。

6

「ヘアは、もう5年ほどのお付き合いになるair 青山の店長・志賀さんにお任せしています。月に1度、カラー・カット・トリートメントを。大きく変えたい時は希望を伝えますが、それ以外は完全にお任せですね」

やはり、美人のヘアケアは月1が基本なんですね! また堀内さんが『お任せ』にする理由は、客観的な男性目線・第一線で活躍するプロの方にお任せすることで、自分の良さを最大限に引き出してくれるから。

7

この辺りも、年齢とともに似合う雰囲気が変わってくるアラサー・アラフォー世代が真似したいテクニックです。

 

3 「綺麗なひと」の雰囲気作りとは?

8

ー堀内さん、お話しさせていただくといつも品のある受け答えや雰囲気がとっても素敵だなと憧れてしまいます。何か特別に意識されていることってあるのでしょうか?

「年齢を重ねるごとに所作や言葉使い、立ち居振る舞いはエレガントで居たいな、と思っています。でもせっかちでガサツな性格なので笑。人一倍気にして行動するようにしています」

ー全くガサツには見えません!

「娘が幼い頃、私の真似をしてハッとさせられたことがあるので…。気持ちに余裕を持つために時間にも余裕を持ったり、何かを渡すときなどにきちんと手を添えたり、手先や足先の使い方を気にするようになりました」

また、堀内さん自身が素敵だな、と思った方の所作や習慣は真似をするようにしているんだとか。「気づきは美しさに繋がるきっかけだと思っています」と語ってくださった堀内さん。日々小さなことでも積極的に美しさへの気づきを増やしていくことで、エレガントな雰囲気は完成されるのですね。

9

いかがでしたか? お子さんが生まれてからは特に、食事内容や自身の立ち居振る舞いも更に気を使うようになったという堀内さん。

年齢を重ねるにつれて、もはや『必須』とも言える洗練された雰囲気。美しさが輝きを増すか、半減するかは雰囲気にかかっていると言っても過言ではありませんよね。堀内さんの『気づき』のエッセンスを取り入れて、毎日少しずつエレガント美人に近づいていけたら良いですね!

堀内美乃さん オフィシャルブログ ≫

新里百合子
ママブロガー・ライター。4歳の娘を育てながら、ママ向けwebメディアにて記事執筆を行う。特技は日本舞踊と英会話。ディズニーランド・シーの年パスを親子で購入するほどのディズニー好きでもある。

関連するキーワード

関連する記事

美容・ダイエットカテゴリー
人気記事ランキング

CouponLandのTwitter・Instagramアカウントも更新しています。ぜひご覧ください。