2016年12月10日 土曜日

【美容コラム⑩】乾燥と冷えを同時に解決するケア方法

今回のテーマは「乾燥と冷えを同時に解決するケア方法」です。内臓を温めたり、手足をマッサージすることで体質は徐々に変わっていきます! 脚やせ専門エステ『リフィート』代表の金井志江さんが、身体の内側と外側から行うケア方法を伝授します。

このページは2016年12月10日に公開した記事です。クーポンが終了しているものもありますのでご了承ください。

前回のコラムで私は、靴を履き替えることをオススメしました。みなさん、靴を履き替える習慣はついてきましたか? すぐには慣れないかもしれませんが、頭の片隅に置いておくだけでも、脚にかかる負担が少なくなるので試してみてくださいね。

12月になって寒さも本格的になってきましたね。この時期になると肌がカサカサの人も増えるのではないでしょうか。そこで、今回のコラムは、乾燥と冷えを同時に解消できる“一石二鳥の方法”をお伝えします。今年の冬は「冷え知らずの足元と潤ったお肌」を目指して頑張りましょう。

「乾燥」と「冷え」の原因について

まずは、乾燥と冷えの原因を知る必要があります。いつもと同じように少し勉強することで撃退する方法を見つけることができますよ。

「乾燥」の原因について

乾燥の原因は大きく分けて3つあります。生活習慣の乱れや勘違いした知識が原因で引き起こしている可能性がありますのでチェックしてみましょう。

①肌機能の低下(保湿力の低下)

季節や年齢によって肌の保湿力が低下します。この機能を正常に戻すには、血液循環を改善することが大切です。

②間違ったスキンケア

「何を使っているか?」という事よりも「どう使っているか?」の方が断然重要です。お肌のお手入れは「丁寧に」「強くこすらない」「刺激を与えない」の3原則を意識しましょう。

③生活環境

エアコンの効いた部屋にいると、季節に関係なく喉がイガイガした経験はありませんか? それは喉が乾燥して起こる症状です。喉が乾燥しているということは、お肌はもっと乾燥しているので注意してください! 「加湿」は十分すぎるほど行いましょう。

「冷え」の原因について

冷えの原因も大きく分けて3つあります。あまり難しくなるとイヤになってしまうと思いますので、できるだけ簡単にお伝えします。

①熱を作る筋肉量が少ない

熱を作るのに必要なものは「筋肉」です。筋肉量が少ない人は体内で作られる熱が少ないのです。この理由から女性が男性よりも冷え症の人が多いのは理解できますね。

②血流の滞り

熱は血流が滞ると全身に行き渡りません。血行が悪い人が冷えを感じるのはこの理由からです。そのため、血行を促進させることがとても大切です! それ以外にも原因はあります。それは「食べすぎ」です。消化をするために血液が胃や腸に集まり、熱を作る筋肉への血液供給が減ってしまうからです。

③水分量の多さ

「水分の飲みすぎ」に注意してください。飲んだ分を排出できない人は、身体にどんどん余分な水分が溜まってしまい身体を冷やしてしまいます。水分の排出がうまくできない人は要注意です! 詳しくは美容コラム②「むくみの原因、わかってますか」を参考にしてください。また、皮下脂肪も冷えの原因です。脂肪は筋肉に比べて血管がとても少なく、熱が加わっても全身に伝わりにくいのです。お尻や太ももなど、脂肪が付いている部位を触ると冷たいのはこの理由からです。

【身体の内側ケア】内臓を休ませる&温めることで乾燥・冷えを改善

ずばり、乾燥と冷えを改善するには「内臓を休ませる&温める」ことです。
内臓を休ませることは、なんとなくイメージしやすいかもしれませんが、「内臓を温めるなんて考えたことがない!」という人は多いと思います。
私もこのお仕事をしていなかったら、今もあまり意識していなかったかもしれません。でも美容と健康にはこの「内臓」がとても大切です。自分の身体の大切な部分であるにも関わらず、「あまり意識していない」ということは残念なことですよね。
これから先も美しく健康であるために、私が提案している考え方があります。とっても変なことを書きますよ。
それは「内臓の気持ちになる」ということです。
変ですよね~。変です! だって内臓の気持ちなんてわからないし、「そもそも内臓に気持ちなんてないでしょ?」と思いますよね。でも大切な事なので、私は言い続けます。
初めは難しく感じるかもしれませんが、自分の身体の内側でどんなことが起きているのか?
内臓の気持ちをイメージをしながら考えてみましょう!

私がオススメする身体の内側へのケアは、「内臓を元気にする」ことです。

内臓を元気にする=内臓が喜ぶことと私は考えています。
それでは、内臓を喜ばせるケア方法をお伝えします。

内臓を喜ばせる3つのケア方法

①半身浴

温泉に入るとなんであんなに「気持ちいい~」って感じるのでしょう。冷えた身体がじわじわと温かくなっていくのって本当に癒されるというか、ホッとするというか、「日本人に生まれて良かった」なんて思いますよね。内臓だって同じなのです。
身体を芯から温めてくれる半身浴は、内臓を休ませたり、温めるのに効果的。お湯の中に入ると身体に水圧がかかるため、血行も促進されます。シャワー派の人にも湯船に浸かることを強くオススメします。

②腹巻&カイロ

お腹を冷やさない方が良いことを知っていても、なかなかケアができていないという人もいるでしょう。
私がオススメするのは、「胃と肝臓、腸を温める」ために腹巻&カイロをすることです。内臓に元気よく働いてもらうためには、温めることが重要です。寒い日より暖かい日の方が気分も良く活動的になりませんか? 内臓だって同じです。

③食べすぎ&飲みすぎ注意

冷えの原因の②でも触れましたが、内臓は食べたものを消化するために働いてくれます。しかし、たくさんの量の食事&常に食べている状況では、内臓は常に働き通しです。
内臓の気持ちになって考えると、「部屋を片付けたのにまた散らかされる」「いつまでたっても片付かない!」などの場面がイメージできませんか? 「たくさんの量の食事&常に食べている」状況は、胃の中がいつまでたっても片付かないという状況です。部屋を片付けた後に散らかされたら本当に嫌になっちゃいますよね。その気持ちを内臓が感じているかもしれません。

【身体の外側ケア】浸透&血行促進を意識したケアで乾燥・冷えを改善

身体の外側ケアの基本的な考えは「浸透」&「血行促進」です。身体の内側ケアは、「内臓を休ませる」&「温める」で共通でしたね。身体の外側のケアも改善方法は一緒なのです。そう考えると、「身体って繋がっているのだな~」と感じますね。

「浸透」&「血行促進」を意識した2つのケア方法

①手足のマッサージ

1.クリームやオイルを塗布する
2.指先から心臓に向かって血液の流れを良くするイメージで、マッサージをしながらクリームやオイルを丁寧に浸透させる

②手足のストレッチ

手足のストレッチで血行を促進させることで、指先の冷えを防ぎます。
1回で効果が実感できなくても、定期的に行うことが大事です。

ストレッチ方法

1.グーパー、グーパーを繰り返す
2.指のストレッチ
3.手首・足首を回す
4.手の指を揉む&ふくらはぎを揉む

【身体の外側ケア・番外編】化粧水のつけ方

「私にとっては当たり前のことでも、みなさんにとってはそうではないかも」と思うことがあります。番外編では、化粧品のつけ方を変えるだけで簡単にキレイ&健康が手に入る方法を紹介します。

行うことは「化粧水3度づけ」です。
これは、私が長年続けている方法です(※みなさんに実践してほしいですが、お肌状況に応じて方法を変更してください)。

化粧水3度づけのやり方

①顔を洗ってすぐ&お風呂上がりにすぐ化粧水をつける

水分が蒸発して乾燥してしまわないように注意します。

②顔を拭くときはこすらない&押さえる感じで行う

③化粧水を手にとる

④手の平で顔を押さえる時は、化粧水を浸透させることを意識する

「今日も一日お疲れ様でした」「今日も一日よろしくお願いします」など、お肌と会話をしながら行いましょう。顔をパンパンと叩いて強い刺激を与えないことや皮膚が上下に動かないように注意します。

⑤化粧水が顔に浸透したと感じたら、再度化粧水を手にとる

※上記③と④を繰り返します。

こんな感じで3度づけを行います。1回目よりも3回目の方が化粧水の浸透が遅くなります。これは肌が潤ってきた証拠。初めてこの方法を実践する人は、4度づけ・5度づけと続けてみてください。化粧水を3度づけ以上した肌の触り心地こそが、十分に肌が潤っている状態といえます。
「こんなにつけるの~?」と思う人も多いと思いますが、騙されたと思って1週間続けてみてください。お肌がどんどん潤って、健康肌になれますよ!

皆さん、いかがでしたか? この冬の冷え・乾燥対策に役立ててくださいね。

次回のテーマ:血行促進&代謝アップ方法

次回は意外と知らない血行促進&代謝アップ方法を紹介します。お楽しみに。

【関連】
『細くならない脚はない』金井志江 著(宝島社)

脚やせを体験してみたい方は
こちらからどうぞ >

プレゼントアンケート実施中!!

コラムの感想や金井さんへの質問・お悩み相談を募集しています! 素敵な意見をくれた人にリフィートで冷え対策として大人気の「アンジェリカ・シコキアーナ(日本山人参)」を抽選で10名様にプレゼントします! 日本国内で無農薬栽培された5年物の「日本山人参(イヌトウキ)」100%使用のサプリメント。ダイエット中の方はもちろん、女性特有の更年期障害や手足の冷えでお悩みの方にもオススメです。たくさんのご応募お待ちしております♪

▼応募は下記をクリック!

アンケートに答えて
プレゼントに応募する!

クーポンランド 編集部
女性の「キレイになりたい!」という思いを叶えるため、日夜奮闘中のクーポンランド編集部。日々の雑感から、時には体当たり取材まで!? 編集部みんなでお届けします!

関連するキーワード

関連する記事

美容・ダイエットカテゴリー
人気記事ランキング

CouponLandのTwitter・Instagramアカウントも更新しています。ぜひご覧ください。