005
2016年2月1日 月曜日

Queen’s Key×gloss『プロに学ぶカラーメイクセミナー ~ナチュラルだけど華やかなメイクを学ぶ~』イベントレポート

マンネリメイクから脱出できるメイクセミナーを開催 いつものメイクを少し変えて、もっとメイクを楽しもう! 2015年12月16日(水)Queen’s Key×glossのコラボレーションイベント『プロに学ぶカラーメイクセミナー~ナチュラルだけど華やかなメイク... もっと読む »

このページは2016年2月1日に公開した記事です。クーポンが終了しているものもありますのでご了承ください。

マンネリメイクから脱出できるメイクセミナーを開催
いつものメイクを少し変えて、もっとメイクを楽しもう!

2015年12月16日(水)Queen’s Key×glossのコラボレーションイベント『プロに学ぶカラーメイクセミナー~ナチュラルだけど華やかなメイクを学ぶ~』が開催されました。 たくさんの応募の中から抽選で選ばれた30名が参加し、流行りのカラーメイクをQueen’s Keyのカラーアイライナーを使って学びました。  

  • 第一部  *トークショー*

第一部は、ヘアメイクアップアーティスト Kanagonさんとコスメデック・アイ商品企画部・大道朋世さんによるトークショー。

kanagon_2

ヘアメイクアップアーティスト Kanagonさん

TV・雑誌・舞台・アーティストLIVEなど、多くの現場で幅広く活躍中。
ネイル&マツエク&ヘアメイクサロン『Beauty Salon nagomi』オーナー。http://nagomi-nagomi.biz/

omichi_2

コスメデック・アイ 商品企画部 大道朋世さん

Queen’s Keyのカラーアイライナーの特徴は、鮮やかで豊富なカラーと落ちにくい成分。「耐水性ポリマーが配合されているので、汗・涙に強く、肌に密着するので持続性が高いんですよ。」と大道さん。

Kanagonさんも「歌って激しく踊るアーティストのライブで使用したのですが、本人たちは汗だくにも関わらず、ラインは落ちませんでした」と太鼓判!

また、読者の皆さんから寄せられた、「アイラインがうまく引けないのですが、コツはありますか?」というお悩みをKanagonさんが解決。

005 「アイラインを引くときのコツは、しっかりと手を固定すること。テーブルがある場所では、肘をついて固定し、手首だけを動かしてラインを引いてください。テーブルがない場合は、脇をしめて固定すると書きやすいと思います。」とKanagonさん。また、「一筆書きはNG!一気に引かずに、まずは目頭~中央、次に目尻~中央と引くと綺麗に仕上がります。そして、アイライナーを太く引けば目が大きく見えるというのも間違い。まつ毛の間を埋めるように引くと、ナチュラルで大きな目になりますよ。」と教えてくださいました。

080A8202_2
Kanagonさんがカラーアイライナーを使って、実際にモデルさんをメイクアップした結果はこちら。

 

オフィスシーンメイク(“ミッドナイトブルー”のアイライナーを使用)

erika
「深い色味のブルーなので、角度によってはブラックにも見えます。これならオフィスでもカラーメイクを楽しめますね!」  

 

アフター5シーンメイク(“キャンディピンク”のアイライナーを使用)

dokusya
「明るいピンクですが肌になじみます!ガーリーでキュートな印象になりました♪」    

  •  

  • 第二部  *メイク体験*

第二部では、Queen’s Keyのカラーアイライナーを使って、参加者の皆さんが実際にメイクアップ!Kanagonさんもテーブルを回ってアドバイスしてくれました。

080A8316_2
080A8320_2
普段のアイライナーはブラックやブラウンという方がほどんどでしたが、皆さん「キャンディピンク」「マーメイドブルー」「キャラメルブラウン」など、カラフルなものをチョイスされていました。

その理由は「いつも同じメイクだから、もっとメイクを楽しみたい!」とのこと。

皆さんも、Queen’s Keyのカラーアイライナーで、マンネリメイクを卒業しちゃいましょう!

 

 

★商品が気になった人はここからチェック  

Qk2016-01     

 

 

 

▼関連記事

[PR] トレンドのカラーメイクで毎日を刺激的に!【Queen’s Key】

短時間で簡単!おすすめハロウィンカラーメイク

クーポンランド 編集部
女性の「キレイになりたい!」という思いを叶えるため、日夜奮闘中のクーポンランド編集部。日々の雑感から、時には体当たり取材まで!? 編集部みんなでお届けします!

関連するキーワード

関連する記事