Author: ad9s88smin

日本人初のポーカー世界チャンピオン木村直哉氏

By ad9s88smin

世界的に現在ポーカーがますます人気を伸ばしている一方で、日本でもカジノ統合型リゾートの開設に向けてポーカーを含むカジノゲームへの注目が高まっています。そんな中で日本人のプロフェッショナルポーカープレイヤーとして活躍している木村直哉氏を紹介したいと思います。 木村直哉氏は東京大学に在学中に研究室生活と自宅への帰宅の合間にできた時間にポーカーをプレイし始め、プレイするほどに学費を稼ぐほどにまで成長したそうです。そんな中で大学を卒業後にプロポーカープレイヤーになると決め、2012年にはWSOPのポットリミットオマハ・シックスハンデッドで優勝しました。 木村氏はその強さの秘密の理由にオンラインカジノでの練習をあげています。木村氏によるとラスベガスの実地のカジノで稼ぎ続けているポーカープレイヤーを追い抜かすためにはオンラインカジノでの練習が不可欠で、WSOPの優勝者や実力者に若い世代が多いのはオンラインカジノの効率的な練習が効果を発揮していることを証明しているとしています。 オンラインカジノもただ単にプレイすればいいわけではなく、統計ソフトを利用して相手の分析をして対戦相手の作戦や傾向を見極めることが重要だそうです。VPIP、PER、fold to 3-betなどについての%をトラックして、自分の戦略を臨機応変に変えることも大切だそうです。 木村さんの他には2015年に中井孝浩さんがノーリミットホールデムでWSOPの日本人2人目のチャンピオンとなり、ポーカー界、オンラインカジノ業界を盛り上げています。中井さんはオンラインカジノでも強豪として知られ、インターネットカジノでの練習が効果をあることを示すもう一人の証拠として業界を引っ張ってくれています。 今後も日本人のポーカープレイヤーに注目していきたいと思います。また、オンラインカジノでのポーカープレイヤーやポーカーゲームの発展にも注目が集まっています。